嫁がアバターコースという自己啓発セミナーに嵌って洗脳されてしまい息子を置いてアメリカのセミナーに行くと言い出した

2014年8月11日

106: 1/3 投稿日:2012/06/04(月) 00:44:48.69
一人じゃ抱えられないので吐き出せてくれ。
  
登場人物:俺35、嫁40、子供4(幼稚園年中)、セミナー指導役(マスター)

嫁がアバターコースって自己啓発セミナーに嵌ってしまった。
事の発端は先週末。(5/26,27)
土日出かけさせて欲しいというので、たまにはいいかと許可したら、セミナーに行ってたらしい。
そして、日曜帰ってくるなりアメリカのセミナーに出席したいと言い出した。6/2~6/12まで。 
その時は軽い気持ちだったらしく、拒否するとあっさり引き下がった。

アバターコースは調べれば調べるほど嫌悪感を抱く類の洗脳セミナーで、
これに嵌ったら確実に家庭が崩壊すると確信した。

しかし、木曜の夜(5/31)にまた出席したいと言ってきた。
どうやらセミナーの指導役(マスターと書きます)みたいなのが、強烈に勧誘してくるらしい。
アバターコースの被害を調べていたこともあって、当然拒否。
だが、相当思いつめているようで、「行かなきゃ死ぬ、子供置いてでも行く」と泣き出した。
明け方まで話し込み、「アバターコース自体が目的じゃない。自分の殻を破りたい」
という話になったので、その理由ならギリギリアリか思い、明け方で頭がボケてたのもあって、
好きにしろ、と伝えた。 
そこから妻は飛行機の手配などし始め、結局出発が一日遅れの6/3になった。

すっかり朝になって、寝る時間もない。
リビングでアバターコースの問題点を綴ったブログを印刷し、嫁への想いを手紙にして、  
徹夜明けのまま会社へ行った。

仕事中にもどんどん不安が増してきて、夕方には俺の感情は完全に壊れた。
家に帰ると妻と子供が笑いながら遊んでいて、それを見るともう堪えられなかった。
すぐさま寝室に篭り、ひたすら泣いた。
声が漏れるのも抑えようがなかった。
一旦涙を抑えてリビングへ向かったが、すぐに涙が出てきて寝室へ。
泣き疲れてそのまま寝てしまった。

続きます

107: 2/3 投稿日:2012/06/04(月) 00:45:42.80
目を覚ますと21時。
嫁と息子はこれから寝るようで、泣いていたことを心配された。
俺は嫁の人格が変えられることへの不安を吐き出し、泣いた。
朝の手紙を読んで不安を悟ったらしく、嫁も泣いていて、そのまま1時間くらい抱き合ってた。
アバターの件が出て以降、初めて心が通じた気がした。

翌朝、アバターコースの被害をまとめたwikiを見せ、洗脳からの脱却を図った。
嫁は目を塞ぐ事無く、素直に聞いてくれた。
夜になって、息子が突発的に熱を出した。計ると40℃弱。
嫁はその場でセミナーのキャンセルを決めた。
俺は息子を優先してくれたことが嬉しくて、万事解決した。
と思い込んでしまった。

翌日、嫁はキャンセルの件で話合うと言って、出かけた。
息子が妻と離れようとしないので、目を離した隙に連れて行ってしまった。
息子の熱は引いていない。
連れ出すなんて、いくらなんでもありえない。
奪還するべく聞いていた目的地へ行くが、見つからない。
電話を掛けても繋がらない。
30分ほど探してもう一度電話すると、家に帰ってるとの返事。

俺も家へ戻り、合流。
さすがに行くのを辞めたのかと思いきや、息子を俺に押し付けて出て行く嫁。
この瞬間の、絶望を浮かべた息子の顔は忘れられない。
流石に我慢の限界だった。

続きます

このページの先頭へ